何年か前に、同い年の女性が、女性特有の病気で手術と入院をしたので、私も心配になり、医療保険に加入しました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

何年か前に / 47歳 女性

何年か前に、同い年の女性が、女性特有の病気で手術と入院をしたので、私も心配になり、医療保険に加入しました。

女性なので、子宮筋腫などの女性特有の病気が考えられるから、女性保険を選びました。
加入して、何年か経って、健康診断に行ったら、お腹のエコー検査で、子宮に何か有ると言われたのです。
それで婦人科に再検査に行ったら、どうやら大きな子宮筋腫が有るみたいなのです。
このまま放置すると、どんどん大きくなる可能性も有ると言われたので、思い切って手術することにしました。
入院は10日間で、退院してすぐに、保険会社に電話したら、翌日には書類が届きました。
予め電話で伝えた内容が既に記入されていて、後は病院の診断書と、自分のサインと押印だけでOKでした。
1週間程で書類が揃い、返送したら、わずか数日の間に、もう入院給付金が振り込まれていました。

私の場合、手術もしたので、手術に対する給付金も有りました。
また女性特有の疾病と言うことで、プラスアルファが有り、思ったより沢山の給付金を頂けて、かなり助かりました。

私自身も、加入していたことを忘れていたのですが / 45歳 男性

私自身も、加入していたことを忘れていたのですが、かなり昔に、かんぽの医療保険に入っていました。
私自身だけでなく、家族の分も一緒に入っていたので、子供が急性盲腸炎で入院した時は、すごく助かりました。

子供が夜中に急にお腹が痛いと言い出して、朝一で病院に行ったら、盲腸かもしれないと言われ、その足ですぐに総合病院に行きました。
すぐに手術しないといけないと言われ、かなり動転しましたが、そのまま即入院となりました。
いきなりの事でバタバタしていて、保険の事など全く思い出さなかったのですが、退院の時の請求書の額を見て、こんなお金あるかなと考えていた時に、ふと入院保険を思い出したのです。
私が加入していたのは、ちゃんと覚えていましたが、家族はどうだったか分からなかったので、急いで保険証書を探し、保険会社に電話してみたのです。

そうしたら親切に教えてくれて、子供の入院でも保険が出ると言われ、書類を送ってもらうことにしました。
速達で送ってくれて、すぐに届きました。
それを病院に持って行って、診断書などを書いてもらい、提出しました。
給付金は、1週間程で銀行に振り込まれていました。
だから、月末までの支払いでしたが、入院代の支払いに使うことが出来たのです。

おすすめ

Copyright (C)2018医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.