夫が痔の中でも大変な、痔ろうという病気になりました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

夫が痔の中でも大変な、痔ろうという病気になりました / 49歳 女性

夫が痔の中でも大変な、痔ろうという病気になりました。
とても困難な手術になるらしく、ネットで色々調べたところ、近所に名医がいるとのことが分かりすぐに通院、即手術とのこと。日帰りの手術でしたが、なんと30万もかかりました。

でも、「手術給付金が最大20万円」という保険に入っていたので20万円出たら助かるわ〜と思っていたら、なんと出たのはたったの5万円。驚いて問い合わせたら、「決まりです」とだけ・・・。入院給付金や手術給付金は、保険会社が決めた契約内容に基づいて給付されるので、必ず免責事項は確認しないといけないです。

私が婦人科系の病気で2泊3日で入院した時は、契約が1週間以上の入院だったので、給付されませんでしたが、私より10歳若い友人が不妊治療をしていて、排卵誘発剤のせいで、卵巣過剰刺激症候群になったそうなのです。
それで1泊2日の入院治療をしたそうですが、女性疾病特約をつけていたので、ちゃんと給付されたそうです。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.