十数年前に、胆石だと診断されていたのですが、まだ手術までする必要がないと言われて安心していたところ、急な腹痛に襲われ、いったい何が原因なのか分からず、3つの病院をまわった

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

十数年前に / 55歳 女性

十数年前に、胆石だと診断されていたのですが、まだ手術までする必要がないと言われて安心していたところ、急な腹痛に襲われ、いったい何が原因なのか分からず、3つの病院をまわったのですが、3つ目の病院で胆石だと診断され、その時は薬で痛みを抑えたのですが、すぐに手術した方がいいと言われ、その後胆石の手術をしました。

1週間の入院だったのですが、胆石の手術の場合、手術の給付が出ない場合もあると聞いたことがあるので、加入していた医療保険をすすめてくれた保険の外交員の方に問い合わせたところ、今は医療保険の適応範囲を広げているところで、私の加入している医療保険でも、胆石の手術でも給付が受けられるということで、安心して手術を受けることができました。

住宅ローンを支払っているため、急な手術になったら十分な蓄えもないのに、家計のやりくりをどうしようと思っていたので、給付が受けられると聞き、胸を撫で下ろしました。
その外交員の方が、請求など万事良いようにして下さって、無事に給付を受けることができ助かりました。

まさかの時のために、医療保険は入っておくものです。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.