私は風邪で高熱を出し、処方された解熱剤のロキソニンを飲んだところ、体がロキソニンに拒絶反応を起こしました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

私は風邪で高熱を出し / 41歳 男性

私は風邪で高熱を出し、処方された解熱剤のロキソニンを飲んだところ、体がロキソニンに拒絶反応を起こしました。
全身に膿疱ができて、大学病院に2週間入院しました。
全身の皮がすべて剥けるほどの重症でした。
全身を火傷したように、体中の火照りと痒みに悩まされて、とても辛かったのを覚えています。
入院費用も20万ぐらいかかりました。
健康保険の高額療養費で入院費用が支払えるだろうと思っていたら、入院中の食事代が健康保険の対象にならないことを知ってびっくりしました。
※一部の病気では食事代が健康保険の対象になる場合もあるようです。

数年前に、外資系の大手保険会社に生命保険と併せて入っていた医療保険があり、治療費や休業中の所得を賄うことができました。
病気で入院すると、高額な医療費がかかるだけでなく、休業中の所得損失が出ます。私の場合は、入院費用20万と2週間休業中の所得損失20万で、合計40万のマイナスとなりました。
40万は大きい金額です。

いざという時の為に、しっかり準備しておかないと生活が立ち行かなくなります。人生何があるか分かりません。医療保険や生命保険などで、自分の人生のリスクマネジメントも必要だと痛感した入院でした。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.