私は、医療保険の給付を受けたことがあります。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

私は、医療保険の給付を受けたことがあります / 29歳 男性

私は、医療保険の給付を受けたことがあります。どんなケースかというと、親知らずを4本まとめて摘出する手術に、医療保険が充填されました。
理由は歯の埋まっているところが化膿しているためでした。
それで病気の一種とみなされて、保険の適用になりました。

そして、私の入っている生協の医療保険分が支払われました。
普通の医療保険では、その程度の手術にはお金は給付されません。四肢が切断した状態とか、かなり重い状態でなければ給付の対象外です。

しかし、私は大学生の時とはいえ、生協の保険に入っていたため、恩恵を受けました。

生協の保険というのは、大学生が入れる最もお得な保険です。
加入料は2万円で、卒業すれば全額戻ってきます。私も2万円が戻ってきたので良かったです。
生協の保険も医療保険に該当するもので、大変お得です。
私の手術であれば、実質的に1円も負担しなかったような感じです。
給付は手術の後に申請すれば、振り込まれます。生協の保険は大学生にとって、無敵の医療保険です。

国家公務員でしか加入できない保険といったものも世の中には実はあり、知らない人にはすごいお得に見えるでしょう。医療保険は大学生の時に掛けていて良かったし、ノートパソコンが壊れた時も、生協から保証(期間が4年)を受けられてお得でした。

大学生であれば、医療保険に対応しているのが生協の保険です。
すごくお得でした。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.