万が一の入院や手術の時のために加入しておく医療保険ですが、昔は入院5日目から付与されるタイプのものが多く、よほどの大けがや病気でなければ給付されないことが多かったのですが

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

万が一の入院や手術の時のために加入しておく医療保険ですが / 36歳 女性

万が一の入院や手術の時のために加入しておく医療保険ですが、昔は入院5日目から付与されるタイプのものが多く、よほどの大けがや病気でなければ給付されないことが多かったのですが、最近の医療保険は、入院1日目から給付されるタイプの医療保険が増えてきて助かります。そのため、医療保険の給付を受けたことがある人は多いかと思います。
私も一週間程度の入院で、医療保険の給付を受けたことがありますが、入院というのは急に起こることですし、実際入院してからでないと、必要なものが分からないということが多いです。
そして日用品はもちろんのこと、病室でテレビを見る時に使うテレビカードなどでも、お金がかかります。ですから、治療費以外の出費というのもかなり多く、医療保険の給付が受け取れると、長い入院でなくてもとても助かるのです。
長い入院でなければ給付される金額も少額ですが、とてもありがたいです。

給付を受けるためには、医師の診断書が必要なので、医師にちゃんと伝えておくことが大事です。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.