医療保険の重要さは、給付を受けて初めて分かりました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

医療保険の重要さは、給付を受けて初めて分かりました / 36歳 女性

医療保険の重要さは、給付を受けて初めて分かりました。

私は元々怪我も病気もせず、保険なんて付き合いで入ってしまったようなものでしたが、意外な所で役に立ちました。
粉瘤ができてしまい、気になっていた所、病院で切除する事になりました。
たまたま加入していた保険が医療中心、通院入院に対応するものだったので、給付対象になったのです。
事故での通院入院では、多くの場合給付対象になるのは知っていましたが、今回の通院で改めて自分の保障内容について知りました。
人任せで契約というのも問題だったでしょうが、プランナーさんはよく考えていてくれたのだな、と驚きました。

本当に自分のニーズにあった保険は重要なのだと再認識しました。
万が一の安心のためにも保険は必要です。
休んでいる間は給料も入りませんし、治療費もかかります。今は色々なプランもあるし、自分に合った保険は高い買い物ではありません。
私は一人暮らしなので、今の医療中心の保険が最適でした。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.