先日、健康診断でなんと検便が引っかかってしまい、大腸の内視鏡検査と胃カメラを飲むことになってしまいました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

先日、健康診断でなんと検便が引っかかってしまい / 37歳 女性

先日、健康診断でなんと検便が引っかかってしまい、大腸の内視鏡検査と胃カメラを飲むことになってしまいました。

検便で引っかかるということは、最悪大腸がんの恐れもあり、すぐさま病院で検査の予約を入れました。
検査にあたり、前日から食事制限があり、空腹と不安と緊張の中、大腸の検査に向かいました。
検査してもらったところ、ポリープが二箇所見つかり、その場で切除してもらえました。
悪性でもないとのことで、まずは一安心。日を変えて、胃カメラの検査もしてもらい、こちらはピロリ菌が見つかったので、薬を処方されました。
とりあえず、最悪の事態は免れてほっとしたのですが、気持ちが落ち着いてくると、今度は検査や処置にかかった金額が気になり始めました。

そんな時、ふと医療保険に入っていたことを思い出し、担当者に大腸ポリープの切除が保険の対象になるか確認したところ、手術給付金の対象になるとの回答をもらいました。
すぐに書類を送ってもらい、手続きをすると、一週間足らずで入金があったので、とても助かりました。

今回、始めて給付を受けたのですが、対応が早くて簡単だったので、今後給付を受ける際も安心してお願いできる、と好感を持ちました。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.