今から14年前に初めて大病になりました。

医療保険の給付を受けた話

医療保険の給付を受けた話

今から14年前に初めて大病になりました / 51歳 女性

今から14年前に初めて大病になりました。
37歳の時です。

かかった病名は子宮がんです。
自覚症状は、下腹部の鈍痛と水のようなおりものがあり、最初は生理前からかなと軽い気持ちでした。

でも何日も何日も治まることなく、今度は不正出血があり、すぐに病院へ行きました。
すると先生が顔をしかめた様子で深刻な感じでした。
私きっと悪い病気なんだ…その時はそう思い、検査の結果を待ちました。
するとすぐに大きい病院を紹介していただき、またその病院でも詳しい検査をしました。
悪性がんと告知されました。
すぐに手術をしないといけない状態で、あくる日に入院しました。
それから10日ほどで大手術を受けました。
結構進行していたので、リンパ節まで取りました。
その後、放射線治療を受けて3カ月ほど入院をしました。
医療費は莫大な額でした。
手持ちのお金では到底足りませんでしたが、医療保険に入っていたので、入院費、手術費用は、おかげで賄うことができました。

もし医療保険に入ってなかったらと思うとぞっとします。入院すると、莫大なお金がかかります。もしもの時のお守りとして絶対に入っておくべきです。

Copyright (C)2017医療保険の給付を受けた話.All rights reserved.